日本人と欧米人 全く違う椅子が必要でした|腰痛予防・姿勢改善のアーユル チェアー

いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

HOME > 日本人と欧米人 全く違う椅子が必要でした

日本人と欧米人 全く違う椅子が必要でした

世界的に見ても姿勢が悪く、腰痛も多いと言われる日本人。
その理由として、欧米人との身体特性の違いがあります。

農耕民族の日本人は内側の筋肉が発達しているため、
姿勢が内側に丸まりやすくなっています。
それに対し、狩猟民族である欧米人は背中側の筋肉が発達しているため、
日本人よりも姿勢よく座れます。
日本人と欧米人では、身体に大きな違いがあります。それは元々の生活の仕方と遺伝によるものです。
その違いは使う道具にも表れており、
日本は「引く動作」欧米は「押す動作」で使うように作られていたりと、
真逆になっているほどです。
日本と欧米では使い方が全く逆になっていることも多いのです。これは身体の違いによって使いやすさも違うためです。
それでは、西洋で生まれた「道具」であるイスはどうでしょうか?
同じイスに座っても、日本人は欧米人のように 姿勢よく座れません。
それでは、西洋で生まれた「道具」であるイスはどうでしょうか?同じイスに座っても、日本人は欧米人のように姿勢よく座れません。
つまり、坐骨で座ることができるイスがあれば、 日本人でもよい姿勢で座れるのです!
アーユル チェアーは、日本人の身体に合わせて作られた「坐骨で座る」ことができるイスです。
小さな座面をまたいで座る
自転車のサドルと通常のイスの間ぐらいのサイズの小さな座面。
これをまたぐように脚を開いて座ると、
おのずと「坐骨」二点で座った状態となり、骨盤が立ちます
「かたやわらかい」座面

柔らかすぎず適度な弾力をもつ座面は、
坐骨で座る感覚をつかむことができ、
姿勢がブレずに安定
します。

「腰あて」で支える

立った骨盤を「背もたれ」ではなく「腰あて」が
心地よく支え、正しい姿勢をロック

身体への負担やストレスのない理想的な
姿勢を維持します。

骨盤が立ち「坐骨」で座る正しい姿勢に。