アーユル チェアー導入レポート|腰痛予防・姿勢改善のアーユル チェアー

いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

HOME > アーユル チェアー導入レポート 早稲田アカデミーIBS

アーユル チェアー導入レポート

「小学校4年生で英検2級(大学センターレベル)合格」を標榜する早稲田アカデミーIntegrated Bilingual School(IBS)。 「最高の教育環境」にこだわる 同塾は、2012年4月の開校と同時に、アーユル チェアーを導入。従来の「小学生英語」とは全く異なる空間と実績を作り上げている。

全ての教室には足置きリングを装着した
アーユル ルナが導入されている。
授業は、お子様と一緒に
保護者様も参加されています。
生徒が集中している様子が見て取れます。
早稲田アカデミーIBSが「最高の環境づくり」のために最も重視したのが、椅子でした。 アメリカではオフィス椅子はもちろん、各家庭、各学校、それぞれが椅子へのこだわりを持っています。
椅子は最重要のインターフェースであるにもかかわらず、その重要性が日本、特に子どものためには、ほとんど意識されてきませんでした。

早稲田アカデミーではIBS開校にあたって、国内外、すべての「子ども用椅子」を研究、その上で採択したのがアーユル チェアーでした。すでにお使いになっているという、塾生の親御さんからよい評判を伺っていたのも、判断要素の一つでした。

アーユル チェアーは座面の形が変わっていますし、また坐骨で座る椅子という事で座り方も特徴的ですよね。

早稲田アカデミーIBSの授業は1コマが2時間という長丁場です。大人でも2時間集中して座って取り組むことは容易ではないので、椅子の存在が子どもたちへどのような効果をもたらしてくれるのか楽しみでしたね。
子どもたちに「姿勢を正す」意識が根付いています。

2時間の授業の中で「Sit up straight!! 」(=姿勢を正して集中!)と講師が発する場面があるのですが、その一言で全員が変わるんです。
アーユル チェアーに座っている事で、子どもたちが自然と正しい姿勢で座る事を身に付けているのを実感しますね。

アーユル チェアーの存在が、小さな子どもたちに、姿勢を正す事 で集中できるんだ!という意識付けを容易にしているのだと思います。
アーユル チェアーがあるからこそ、良い授業ができるんです。

英語塾の場合、一般的に、夏期講習に体験でいらっしゃるお子様がご入学される割合は20%〜25%と言われているのですが、早稲田アカデミーIBSでは、80%という実績もあるんです。

大事な生徒さんが、授業に満足して頂けること、それが最も重要です。
その為には最高の教材・講師だけでなく、環境づくりも必要ですよね。
アーユル チェアーの存在は、最高の授業を作りだす大きな要因になっているんです。アーユル チェアーがあるからこそ、最高の空間で、良い授業ができていると思っています。まさに最高の環境を作り出す立役者ともいえる存在になっています。
アーユル チェアーは、 お子様だけでなく、保護者様からも好評なんです。

早稲田アカデミーIBSの授業は、お子様と一緒に保護者様にも参加をしていただいております。
授業中のお子様の勉強に臨む姿勢や集中力に感動されて、ご自宅にも最高の環境づくりをしたいとアーユル チェアーをご購入される方もいらっしゃるんです。

子どもたちが勉強をする環境では、椅子は当たり前に存在しているもので、用意されたものに何の疑いももたずに座っている場合がほとんどです。
しかし、早稲田アカデミーIBS様ではアーユル チェアーを導入以来、授業開始前 にアーユル チェアーフィッティングの時間を設け、お子様ひとりひとりが正し い姿勢で座れるように座面や背もたれ、足の高さなどの調整をしていただいております。
これにより、お子様にアーユルチェアーに座っている事で 『姿勢を正す事=集中して勉強する意識』を感じていただける事に繋がっているのではないでしょうか。
早稲田アカデミーIBS様の勉強を教えるだけでなく、いわば姿勢教育までも行っていらっしゃる最高の授業内容に大変感動致しました。
「東大・医学部・ハーバードに一番近い小学生たちの英語塾」-。高い目標に向かって前進するIBS様とその生徒たち。
今後もアーユル チェアーが最高の環境づくりの一部としてお役立ていただける事を期待しております。
(アーユル チェアー担当:向田)

東京都千代田区神田駿河台2-8 瀬川ビル5F
TEL:03-3293-7201
HP: http://www.waseda-ac.co.jp/ibs/
アーユル チェアー導入レポート一覧はこちら