アーユル・チェアー導入レポート|腰の悩み・姿勢サポートのアーユル・チェアー

いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

HOME > アーユル・チェアー導入レポート eisu進学塾

アーユル・チェアー導入レポート

導入企業訪問レポート

は、三重を中心に、東京・愛知など

全国約90箇所の教育施設を展開。
年長〜社会人まで約2万人の生徒が在籍する、全国でもトップクラスの私塾。
生徒の「個」を伸ばす新感覚のカリキュラムを取り入れた「知的能力開発講座」や、
新たな英語英会話教育メソッドを
取り入れた「デイビッド・セイン 英語ジム」を開講している。

80台導入された赤坂校。
広々とした空間と、机・椅子の全てが
トータルコーディネイトされている。

30台導入された紀尾井町校。
木目調のデスクは、アーユル・チェアーの
高さに合わせて作られている。

幅広い年代にも対応ができるように
机には、収納式の足置きまで完備。

iPadを使用し、
個人の自習型学習を
行っている。

全てのアーユルルナには
床面キズ防止カバーを装着。

小学部では、ルービックキューブを
授業の始めに扱い、頭を柔らかくする。

小さなお子様もiPadで学習を行い、
英語力を鍛えている。

正しい姿勢で、しっかりと集中している様子が分かります。

eisuの導入カリキュラムでは、子供たち一人ひとりが本来もっている「地頭」を鍛え、「集中力」を向上させる事がコンセプトとなっています。

アーユル・チェアーに正しい姿勢で座ることによって、集中力が高まる効果が期待できるとの評判を聞いていたので、子供たちの変化が楽しみでした。  

授業内容とアーユル・チェアーの相乗効果により、子供たちの座り方や取り組み方が変わってくるのが目に見えてわかります。  

実際にアーユル・チェアーに座った生徒から、「アーユル・チェアーに座るといつもより問題が解けた!」とか、「アーユル・チェアーで授業を受けると、頭が良くなる!」 といった発言も出ました。   

塾では、限られたスペースしかない教室で、子供たちが使う椅子を、授業内容や子供たちの年齢に合わせて検討しています。
アーユル・チェアーは、スマート感、高級感がありながらスペースをとらないという点が優れていると思います。
それに加えて、安定性があるので、生徒のほとんどが小学生という事もあり、安全面でも安心して使えていますよ。

子供たちがきちんと学習に取り組めるように配慮してつくられている教室に、アーユル・チェアーのコンパクトさがマッチしている様子は大変感動しました。

また、「教室=学び場」という認識を、先生と子供たちが一緒になって作り上げている様子がとても印象的です。アーユル・チェアーでの授業を数回しか受けていない子供たちも、数分するとしっかりと集中し、自ら積極的に授業に臨んでいました。今後も、アーユル・チェアーが「学ぶ」という姿勢の立役者になっていく事を期待したいです。

これからの子供たちの変化や、eisu様の取り組みを楽しみにしています!
(アーユル・チェアー担当:向田)

アーユル・チェアー導入レポート一覧はこちら