光琳寺副住職井上広法氏 利用者の声|腰痛予防・姿勢改善のアーユル チェアー

いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

HOME > 利用者の声 > 井上広法氏

アーユルチェアーをご使用頂いている方に、それぞれの視点でアーユルチェアーを語って頂きました。
光琳寺副住職井上広法さん
井上広法 氏
cocokuriマスターコーチ/浄土宗 光琳寺 副住職
光琳寺にいらっしゃる方にはご年配の方も多いですから、無理に正座をすると膝を痛めたりするリスクがあり、カラダへの影響を考え、正座でお座りいただくことを禁止しています。
そこで、イスを導入しようかとも思いましたが、お寺はイスを置くようには設計されていないですし、何か床にそのまま座れる良いモノはないか?と模索している中、「アーユル チェアー あぐらイス」に出会い、コレだ!!と思いすぐにお寺での導入を決めました。
あぐらイスに座った方々は、みなさん口をそろえて「座りやすい!」とおっしゃいます。何よりも、腰痛に悩んでいた方が想像以上に多かったことが、あぐらイスを導入して初めて分かったことですね。

床に座る時の姿勢が崩れてしまうため、日頃から腰痛を抱えている方は、「座る」ことに悩みを抱えていたようなんです。
あぐらイスは座るだけで “正しい姿勢を教えてくれるイス”ですから、誰が座っても楽に座れるので、お寺にいらっしゃるお子様から年配の方々までみなさんに使っていただける所も良いですね。

個人的にも長年抱えている腰痛を、あぐらイスがサポートしてくれています。実は、お坊さんも座りっぱなしの仕事ですから腰痛に悩む人も多く、私もその一人。
季節の変わり目にはギックリ腰を患ったり、執筆作業で座りっぱなしの時には、腰だけでなく背中や首までもおかしくなってしまう程でした。 あぐらイスに座るとカラダのバランスが整い、姿勢の安定性が高くなるので、私自身もとても楽に座れるようになっています。

あぐらイスのように姿勢と心を整えることのできるようなアイテムを、より多くの方々の日常生活に取り入れてもらいたいと思います。 それによって健康なカラダづくりができ、より幸せな生活を送れると思います。