感応寺住職 成田淳教氏 利用者の声|腰の悩み・姿勢サポートのアーユル・チェアー

いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

HOME > 利用者の声 > 感応寺住職 成田淳教氏

アーユル・チェアーをご使用頂いている方に、それぞれの視点でアーユル・チェアーを語って頂きました。
感応寺住職 成田淳教氏
感応寺住職
成田淳教氏http://www.kannouji.com/
もともと、慢性腰痛で困っていたところ、光琳寺でアーユル・チェアーを見つけ、「これは腰に良さそう」と思ったのがきっかけです。
早速、スツールを自宅用に購入しました。実際に使ってみると、腰痛が改善!!

今までは、整体に行き一時的に良くなるものの、1週間程で元に戻るの繰り返しでしたが、アーユル・チェアーに出会ってから、その痛みが出る周期が確実に以前より長くなりました。
また、他の椅子に座る時や正座をする時も姿勢が良くなったことを実感し、あぐらイスとスツールの追加導入を決めました。

特に、このあぐらイスは、凄い!! 座るとお腹に力が入り、呼吸の調整がしやすく、自然とお腹に力が入るので、声を出しやすくなりました。法要では使用できませんが、声のトレーニング等には良いと思います。

また、卒塔婆(そとば)など長いものを書くことも多く、その際通常は正座で書きますが、正座より、あぐらイスで書く方が圧倒的に安定感があります。

姿勢が安定し、肩の可動域も正座よりも広くなり、非常に書きやすい。
この適度な高さが卒塔婆(そとば)を書く時に最適です。
肘かけがないことも良く、衣を着たままでもひっかからない。
立ち上がる時もラクで、膝が悪い方にも良いかもしれませんね。

スツールは、待合室に丁度良いですね。法用の際は勿論ですが、感応寺ではペット火葬もしていて、1〜2時間お待ちいただくこともございます。

その際、アーユル・チェアーに座っていただき、その間に整えられたらとても良い。
良いものだから少しでも多くの人に知っていただきたい。
今後、お寺でも広がりを見せてくれたら嬉しいですね。