トピックス|腰痛予防・姿勢改善のアーユル チェアー

いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

HOME > トピックス > かための座面を新常識に。

    かための座面を新常識に。

    ACプリン

    2019/08/29

    腰痛ワーカーの皆様、

    お盆休みも明けて、毎日ご苦労様です。

     

    アーユル・チェアー直営店のある原宿は、

    まだまだ夏休みモード満載で、

    タピオカを楽しむ若者で溢れています!

     

     

    最近、何かと話題の「タピオカ」ですが、

    原宿はタピオカの聖地とも言われていて、

    「タピる」(=タピオカドリンクを飲むこと)という言葉も、

    もはや聞きなれましたね 笑

     

    タピオカの食感が話題となり、

    人気が再燃したスイーツですが、

    なんでも、プリンにも新食感ブームが到来している!というお話が。

     

    ポイントは「かため」の食感であること。

     

    なぜ、この話題に興味を持ったかというと、

    アーユル・チェアーの「かため」の座面と共通するからです!!

    恐らく、この話題から、アーユル・チェアーに繋がる人は、

    アーユル・チェアースタッフくらいでしょうが。。。

     

    プリンといえば、なめらか~でトロっとしていて、溶けるような食感が主流ですが、

    あえての「かため」食感にすることによって、

    食感を楽しみ、濃厚な味わいを感じることができるんだそうです。

    最近では、かためプリンの専門店もあって、

    どこか昔なつかしさを感じられる味わいもあるそうです。

     

    アーユル・チェアーだって、

    「かため」座面に対して、どこか座りにくそう。。。というイメージを持たれている方もいると思いますが、

    実際に座ってみると、

    「え?思っていた以上に座りやすい!」

    「やわらか座面よりも座り心地が良い!!」といった反応を頂くことがほとんど。

     

    正しい姿勢をサポートするアーユル・チェアーは、

    あえてのかため座面によって、

    しっかりと骨盤が立ち、坐骨で座る感覚をカラダにも伝えてくれます。

    それが、やわらかい、ふっかふかの座面のイスだと、

    カラダは沈んで、骨盤を立てる姿勢はむしろきつくなってしまうんですよね。

    結果として、姿勢が崩れて、カラダに負担がかかり、腰の痛みが発生するというわけ。

     

    ですから、イスはやわらかい座面であるからこそ、座り心地最高!!

    という概念は、捨て去っていただきたい!!

    とまで思っております!

     

     

    一般的には、

    プリン=やわらかい食感

    イス=やわらい座面

    ですが、

     

    新常識として、

    プリン=かため食感

    イス=かため座面

     

    プリンと一緒に、

    アーユル・チェアーが広まっていけばいいのになぁ。と、

    しみじみ感じた昨日の出来事でした 笑