トピックス|腰痛予防・姿勢改善のアーユル チェアー

    アーユル チェアー 今すぐ購入する 商品ラインナップ
  • アーユル チェアー まずは試してみる 1週間無料レンタル
  • アーユルチェア公式ブログ
  • SEARCH

  • 特集コンテンツ

  • イスを変えるだけで姿勢が良くなる

  • アーユル・チェアーがあなたの腰の悩みをサポートします

  • 集中力UP※はイスにあり

  • アーユル・チェアーの"坐骨座り"の基本編・応用編を紹介

    ※株式会社シーイーシー調べ(JINS MEMEとスマートロガーを使用)一般の椅子とアーユル・チェアーに座った時の集中度を比較

いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

HOME > トピックス > 腰痛もちの歯医者さん。

    腰痛もちの歯医者さん。

    IMG_1413

    2020/07/7

    健康管理に気をつかうのは、みんな同じこと。

    治療をしてくれる先生たちだって同じこと。

    そうです、お医者さんたちには、腰痛もちさんが多いのです。

     

    特に、アーユル・チェアーを使っている方には、

    歯医者さんが多くいらっしゃいます。

     

    IMG_1413

     

    患者さんの治療の際は、ほぼ前かがみの姿勢で、

    首から腰にかけてはバキバキに凝っている!!と

    笑顔でお話になる先生によくお会いします 笑

     

    IMG_1427

     

    そのため、カラダをゼロのボジション=骨盤を立てる姿勢に戻せる椅子を使うことは、

    一度カラダをリセットするためにはとても効果的だということ。

     

     

     

    IMG_9385

     

     

    もちろん患者さんを良い状態にするためには、

    無理な姿勢を保たなければいけないシーンもありますが、

    常にその状態を続けてしまうと、先生たちのカラダもボロボロになってしまいますよね。

     

    だからこそ、治療のお時間の中でも、

    先生のカラダを一度リセットする時間が必要。

    そういった時間を、アーユル・チェアーに座りながらしていただけるとのお声を多くいただいております。

     

    座る姿勢は、一見ラクなように思えますが、

    座りすぎ、座りっぱなしのリスクがあるように、

    同じ姿勢で長時間過ごすことは、やはりカラダへの負担は大きいという事ですよね。

     

    だからこそ、30~60分に1回は立ち上がってカラダを動かすことが推奨されています。

     

    日本人の座りすぎ事情はさることながら、

    このテレワーク時代においては、

    世界一の座りすぎ大国「日本人」は、不動の1位をダントツで獲得すること間違いなし。

     

    座る姿勢も大事ですが、

    より上質な座る時間を過ごしてもらうためにも、

    適度なリセット時間も取り入れてみる工夫も必要だと思いますね。