上部頚椎専門吉成カイロプラクティック・オフィス 吉成剛氏|腰の悩み・姿勢サポートのアーユル・チェアー

いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

HOME > 利用者の声 > 吉成カイロプラクティック・オフィス 吉成剛氏

アーユル・チェアーをご使用頂いている方に、それぞれの視点でアーユル・チェアーを語って頂きました。
吉成カイロプラクティック・オフィス 吉成剛氏
上部頚椎専門 吉成カイロプラクティック・オフィス
院長 吉成剛氏
アーユル・チェアーを初めて体験したときに、これは一般のイスとは概念のまったく違う椅子だと感じました。 とてもコンパクトなつくりで、限られたスペースでも使えるところも気に入りました。
さらに、考え尽くされたであろう座面形状と硬い座面のおかげで、おのずと骨盤を立てて座ることができ、決して楽に座れる椅子ではありませんが、座っていて気分がよくなるとさえ思えます。
たしかにやわらかい座面の椅子は、座り心地が良く、楽に座れますが、一方で姿勢が崩れてしまいカラダには負担をかけてしまいます。普段の生活の中で、このことに気づいていない方も多いと思いますが、安楽な椅子ほど、正しく座るためのカラダづくりができなくなってしまう可能性もあります。
アーユル・チェアーの場合、特徴でもある硬い座面によって、骨盤が立ち、背骨を理想的な湾曲に維持します。
すると、約5sの頭部を乗せた背骨が重力に適応して、カラダへの負担を分散し、動きやすい状態となります。
この生理的湾曲を維持することは、結果として、体幹の筋力を鍛えることにもなりますので、“理想的な姿勢”の筋力の状態をカラダが記憶することにもつながります。

普段からデスクの椅子としてアーユル・チェアーを活用していますが、少し反り腰気味な私にとっては、むしろアーユル・チェアーに座る方が楽に座ることができますよ。
患者さんの中には、術後に体力が落ちた状態でアーユル・チェアーを使っている方いがいますが、使い始めは筋肉痛が全身にでたとおっしゃっていて、それほど、座るだけでカラダが鍛えられたと言えると思いましたね。
私の専門分野である、上部頚椎専門カイロプラクティックのケアの観点からみても、理想的な姿勢になることで、脳に酸素がいきわたり、さらに、脳から全身への神経の伝達が良くなると言えます。
すると、自律神経の働きや代謝も整い、生命活動の調和が維持されることにもなりますね。
ですから、姿勢が整うことで、深い呼吸ができますし、よって、疲れにくく、集中力が発揮できるのだと思います。 これが、座っていて「気分がいい」と感じる理由だとも思います。
実は、私も過去には腰痛を抱えていたのですが、上部頚椎専門カイロプラクティックとの関わりや、生活を見直したことで、今ではすっかり腰痛はもちろん、様々な身体の不調も改善されました。そのカラダを維持するためにも、普段の姿勢を正すことは、だれでもできる簡単ケアだと思います。
アーユル・チェアーは、使い始めこそ、座りにくかったり、お尻が痛いと感じる人もいると思いますが、カラダが正しい座り方を覚えてしまえば、心地よく座れると感じるほどです。より健康なカラダを維持していくためにも、毎日、気分が良く座れる椅子で、カラダのケアをしてもらえたらと思います。
【上部頚椎専門 吉成カイロプラクティック・オフィスのご紹介】
首の一ヶ所を無理なく無痛に、且つ、瞬時にアジャストする上部頚椎カイロプラクティックのメソッドを、小さなお子様・妊婦さん、ご高齢の方まで幅広く提供。誰でも安心して施術を受けることができ、痛みに振り回されることのない、もっと健康で活き活きとした人生をサポートしている。

■お問い合わせ先
上部頚椎専門 吉成カイロプラクティック・オフィス
HP https://yoshinarichiro.weebly.com/
〒253-0021 神奈川県茅ヶ崎市浜竹2-1-9
湘南ドリームパレス203
TEL 0467-58-6065