アーユル・チェアーとは?|腰の悩み・姿勢サポートのアーユル・チェアー

いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

HOME > アーユル・チェアーとは?

アーユル チェアーは、日本人のために作られた姿勢矯正チェアー。「坐骨」で座り、骨盤を立てた正しい姿勢に導きます。
日本人のためのイスとは?

日本人と欧米人とでは身体の特性が全く違います。
農耕民族の日本人は身体の前側の筋肉が発達しているため、姿勢が丸まった猫背になりがちです。
それに対し、狩猟民族である欧米人は後ろ側の筋肉が発達しているため、
胸を張った姿勢をとる事が可能です。

使う道具も違いが明らかで、
日本人は「引く動作」、欧米人は「押す動作」で使います。

日本人が正しい姿勢で座るためには??ポイントは、「坐骨」にありました。
日本人はもともと「坐骨座り」。畳の上で正座やあぐらによって骨盤が立ち、自然と「坐骨」で座れていた
日本人のための骨盤を立て「坐骨」で座るイスを開発 アーユル チェアー
坐骨で座れる3つの理由

通常の1/3ほどの小さな座面。
これを脚を開いてまたいで座ると、骨盤が立ち「坐骨」座りが可能

適度な弾力の座面は、
坐骨で座る感覚をつかむことが
でき姿勢がブレずに安定

立てた骨盤を「背もたれ」ではなく
「腰あて」が心地よく支える。
身体への負担が少ない理想的な姿勢を維持。

アーユルチェアーは「お尻を深く」「脚をひらいて」座ります。
アーユルチェアー こんな方が使っています

アーユル・チェアーに座ると骨盤が立ち、腰への負担が軽減。筋肉の緊張もやわらぎます。座っている時間を利用して腰のケアができます。
身体の専門家も、腰に悩みを抱える人ほどアーユル・チェアーを使うべきであると強く推奨しています。

詳細を見る

小さな子どもでも楽に骨盤を立てた坐骨で座る正しい姿勢が身につくので、お子様の姿勢教育に効果的です。 姿勢が整うことで、呼吸が深くなり脳への酸素供給が増加します。また集中力が上がる学習イスとしても最適です。

※株式会社シーイーシー調べ(JINS MEMEとスマートロガーを使用)一般の椅子とアーユル・チェアーに座った時の集中度を比較

詳細を見る

アーユル・チェアーの特殊な形状と素材が無理せず楽に骨盤を立てた正しい姿勢へと導きます。

詳細を見る

 
ページトップに戻る
アーユル チェアーヒストリー&導入事例

「子どものイスを変えたい!」という想いから
アーユル チェアーの開発がスタート

二つに割れた座面が動くことでバランスを取るトレーニングチェアー感覚のイスとしてデビュー。
子ども用・大人用の2種類。

キャスター式やワンタッチの高さ調節などを採用し、より使いやすく生活空間にもなじむ現行モデルを発売。「オクトパス」「ルナ」の2種類。

座面と腰あてをやわらかく改良し、さらに座りやすさを実現

「座面シート」「座イス」の2WAY式。持ち運び可能であらゆるシーンで使用可能。

ダイニングなどのインテリアになじむ、すっきりとしたデザインのスツールタイプ。子どものイスとして学校にも導入。

床座りをより快適に。適度な高さを出しラクに座れるあぐらイス。

アーユルチェアー 導入事例
企業・学校・塾に導入ご検討の方はこちら