よくある質問|腰痛予防・姿勢改善のアーユル チェアー

いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

HOME > よくある質問&みなさんのお悩み相談

よくある質問

他の椅子とはどこが違うのですか?

アーユルチェアーは、日本人の身体の特性に合わせて作られた、姿勢が良くなる事によって健康へと導く姿勢矯正の椅子です。
椅子は欧米から持ち込まれたものであり、民族性、骨格の違う日本人はうまく使いこなす事が出来ません。
その為に日本人が「坐骨」で座り、正しい姿勢で座ることのできるように作られた、他の椅子には無い特許を取った特殊な座面になっております。

なぜ脚を開いて座るのでしょうか?

脚を開くことで骨盤が立ち坐骨で座ることができます。
アーユル チェアーで骨盤を立て、坐骨で座るクセづけができれば、普通の椅子に座った時にも正しい姿勢で座る意識ができます。

オクトパスとルナはどちらを選べばいいですか?

●オクトパス
150cm以上の身長の方にオススメです。
滑らかに動くキャスタータイプなので、オフィスでのデスクワークに最適です。キャスターをオプションのストッパー付きに付け替える事ができますので、用途が広がります。
また、更に身長の高い方には、座面を上方に設定することができる「アーユルチェアー01」のご利用をオススメします。

●ルナ
140cm以上の身長の方にオススメです。
脚が円盤の固定タイプですので安定感があり、お子様やご年配の方に多くご利用いただいております。
オプション品の足置きリングを装着すると100cmのお子様からご利用可能です。

長時間座ることはできますか?

アーユル チェアーは骨盤を立て坐骨で座る椅子です。普段の座り方との違いに慣れるまでは違和感を抱く可能性もありますが、正しい姿勢が身につくことで、カラダへの負担を少なく座ることができます。
また、常に同じ姿勢で座るのではなく、寝返りをうつように、足の位置や座面の高さを変えたり、席を立ってストレッチをするなど、カラダに変化を与えることで長時間のデスクワークがしやすくなります。

とても座面が小さいのはなぜですか?

アーユル チェアーは「またいで坐骨で座る椅子」ですので、小さな座面に脚を開いて座ることで骨盤が立ち坐骨座りへと導きます。
また、座面が小さいことで太ももの裏側を開放するので、血流を促し、足のしびれやむくみの軽減が期待できます。

腰あてを低い位置に設定するのはなぜですか?

お尻を深く入れ、立てた骨盤の支えに使用する為です。
一般的な椅子のように背中を支えてしまうと、カラダをもたれて座る為姿勢が崩れがちです。その為、「背もたれ」ではなく「腰あて」と呼んでいます。

腰痛の予防になるという事ですが、ヘルニアの私も使えますか?

アーユルチェアーは医療用器具ではございませんが、椎間板ヘルニアの方々にもご利用頂いている椅子です。
悪い姿勢で長時間座る事で、椎間板への負担が増加しますが、アーユルチェアーで正しい姿勢で座る事で、背骨を理想的なS字カーブへと導き、椎間板への負担がかかりにくい状態となります。その為、楽にお座りいただけるとのお声も頂戴しております。

体圧分散マットとクッションカバーの違いは?

●体圧分散マット by SORBO
医療の現場から生まれた、「人工筋肉」と呼ばれる衝撃吸収素材のSORBOとコラボレーションしたマットです。体圧をあらゆる方向に分散し、通気性が高く、長時間の座り等による不快感や疲れを解消してくれます。
長時間座る方や坐骨座りになれていない方、痩せ型の体型の方におすすめの商品です。
http://www.ayur-chair.com/fs/ayurchair/products/50486

●クッションカバー
クッションカバーはアーユル チェアーの座面と背もたれをすっぽり覆う形で、インテリアに合わせてお好みのカラーに変えることができます。薄いウレタンフォームを使用していますので、そのまま座るよりも、少しソフトな座り心地になります。
http://www.ayur-chair.com/fs/ayurchair/c/cover

 

【長時間のデスクワークで腰痛でお悩みの会社員男性からの相談です】

いつも脚を組んでしまうクセがあり、むしろ組んでいる方が安心します。改善できますか?

アーユル チェアーは座面の前側が山型になっているので、脚を開いてお尻を深く入れて座ることで脚を組めなくしています。
実は!!
カラダが歪んでいる人ほど脚を組んでバランスをとるので、結果的に間違った姿勢が心地良いと思ってしまうのです。いつも同じ脚に荷重をかけていると、一方のお尻の方が大きくなる傾向にあり、お尻に左右差が生じます。すると座った時に小さいお尻の方の坐骨が浮き、骨盤のかたむきを補正するために脚を組むことで無理矢理にバランスをとりますが、これがカラダの歪みや痛みの促進運動なのです!

【小学生のお子様のお母様からの相談です】

小学生の子ども用にと考えています。食事から学習までアーユル チェアーでと思っていますが、集中して座れるようになるのでしょうか?

アーユル チェアーに座ると、自然と胸が開き深呼吸をするように深い呼吸へと変わります。
すると、きちんと酸素が脳に行き渡るので、神経の安定へとつながり集中力アップ効果が期待できます。
さらに!!
姿勢が整うと立つ・歩くときの姿勢も変わってくるので、スポーツ関連の習い事をしているお子様からは、「剣道の構えがうまくなったと先生から褒められた!」「走るときのフォームが安定した!」「バレエの先生から姿勢がキレイだと褒められた!」といったお声も頂いています。

【ご高齢のお母様用に、カラダに負担の少ない椅子をお探しの息子さんからの相談です】

85歳の母は膝が悪く床に座るのが辛いと言っています。アーユル チェアーをプレゼントしたいと思っていますが、年配の人が使っても問題はないのでしょうか?

ご年配の方にも多くご利用いただいています。アーユル チェアー ルナは脚が円盤の固定タイプなので安定感があり、安全性も高いと思います。
さらに!!
クッション性の高い座面だと立ち上がる時に沈んだカラダを起こす力が必要となりますが、加齢と共に筋力が弱くなるにつれ、その動作で腰を痛めてしまうというご意見があります。アーユル チェアーは、特有のかたやわらかい座面によって骨盤を立てたまま、さらに手をついて支えにもなってくれますのでカラダへの負担が少なく立ち上がることができます。