よくある質問|腰痛予防・姿勢改善のアーユル チェアー

いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

HOME > よくある質問&みなさんのお悩み相談

よくある質問

アーユルチェアーと他のイスとどこが違うのですか?

アーユル チェアーは「日本人の身体の特性に合わせて開発された」姿勢矯正のイスです。
イスは欧米から持ち込まれた欧米人のカラダに合わせて作られた道具であり、身体の前側に重心があり、骨盤が後傾しやすいカラダの作りが全く違う日本人が座ると、正しい姿勢ではなく、むしろカラダに負担をかけてしまう可能性がございます。
その為、アーユルチェアーは日本人が「坐骨」で正しい姿勢で座ることのできるように作られた、他のイスにはない特許をとった特殊な座面設計となっております。

なぜ脚を開いて座るのでしょうか?

脚を開くことで骨盤が立ち坐骨で座ることができます。
アーユル チェアーで骨盤を立て、坐骨で座るクセづけができれば、普通の椅子に座った時にも正しい姿勢で座る意識ができます。

座面を高く設定するのはなぜですか?

アーユルチェアーは、骨盤を立て坐骨の2点と、足裏2点の4点で上半身の重さを支える為、通常の椅子の座面の高さよりも、少し高めに設定することを推奨しております。

腰あてを低い位置に設定するのはなぜですか?

お尻を深く入れ脚を開いて座ることで骨盤をしっかり立て、立てた骨盤の支えに腰あてを使用する為です。
一般的な椅子のように大きな背もたれで背中を支えてしまうと、カラダをもたれて座る為、姿勢が崩れがちです。その為、「背もたれ」ではなく「腰あて」と呼んでいます。

とても座面が小さいのはなぜですか?

アーユル チェアーはお尻全体で座る必要はなく"坐骨"で座るイスであるため、お尻の大小に関わらず、骨格に基づいて設計された座面です。その為、坐骨がきちんと座面をとらえて座れていれば、骨盤を立てた理想的な姿勢で座ることが可能となります。

机の高さはどのように合わせればいいですか?

まず、ご自身のカラダに合わせたイスの高さ調節をした上で、机を選ぶことが最も理想的です。
(一般的に、机にヒジをついた時に床と腕が平行になる高さが理想的と言われています。)机の高さが合わない場合は、机の上に厚い本を置いたり、机の下にレンガや角材などで高さを出して調整するなど、身体の方に机の高さを合わせる事で正しい姿勢を保ちやすくなります。

長時間座っているとお尻が痛くなりますが、何か良い方法はありますか?

アーユルチェアーは、骨盤を立て"坐骨"で座る姿勢矯正のイスです。そのため、お尻全体で座るのではなく、坐骨できちんと座るためにあえて柔らかすぎない座面を採用しています。はじめは、硬い座面に違和感を抱くこともございますが、自転車のサドル同様に次第に座り慣れてきます。いわば、カラダに坐骨で座ることを覚えさせていきますので、トレーニングチェアーともいえます。
但し、どんな姿勢でも座り続けることはカラダに負担をかけてしまいますので、お尻が痛くなる=座り過ぎのサインとして30分〜1時間に1回は立ち上がることを推奨しております。
また、別売の体圧分散マットを使用することでお尻への負担を軽減しますので、併用することも可能です。

座っていると太ももあたりがしびれるのですが?

座面の高さ設定が高すぎる場合、脚の付け根付近(ふともも裏)に違和感を抱く場合がございます。理想的な高さは、横から見た際、お尻の位置が膝よりも少し高く設定された状態でございます。

椎間板ヘルニアのように腰痛疾患がある人もつかえますか?

アーユルチェアーに骨盤を立てて坐骨で座る姿勢は、腰痛の大きな原因となる骨盤のゆがみを整え、背骨が理想的なS字を描く状態となるため、椎間板への負担がかかりにくくなります。
つまり、座りながら歪みを矯正していく効果が期待できるため、ドクターや整体師から、腰痛疾患に悩む方にも使うべきイスだと推奨をいただいております。
※現在通院中の方は、アーユルチェアーは医療器具ではございませんので、念のためかかりつけのお医者様にご相談くださいませ。

いつも脚を組んでしまうクセがありますが、改善できますか?

アーユル チェアーは座面の前側が山型になっているので、脚を開いてお尻を深く入れて座ることで脚を組めなくしています。カラダが歪んでいる人ほど脚を組んでバランスをとるので、結果的に間違った姿勢が心地良いと思ってしまいがちですが、アーユル チェアーに座ることによって歪みの改善も期待ができます。

年配の人が使っても問題はないのでしょうか?

脚が円盤の固定タイプ「ルナ(調節機能アリ)」や完全固定式の「アーユルスツール」は、安定感があり安全性が高いとのお声が多く、ご年配の方にもご利用いただいております。
また、一般的なクッション性の高い座面だと立ち上がる時に沈んだカラダを起こす力が必要となりますが、加齢と共に筋力が弱くなるにつれ、その動作で腰を痛めてしまうというご意見があります。アーユル チェアーは、特有のかたやわらかい座面によって骨盤を立てたまま、さらに手をついて支えにもなってくれますのでカラダへの負担が少なく立ち上がることができます。

子どもでも集中して座ることはできますか?

アーユル チェアーは小さなお子様でも簡単に坐骨で座ることができるので、自然と胸が開いた状態となります。きちんと脳に酸素が運ばれるように“呼吸の質”が向上し、集中力を高めた状態となるため、お子様の学習イスとしてご自宅や塾・学校にも導入されております。

椅子の座面が回るのを止める方法はありますか?

アーユル チェアーにお尻を深く脚を開いて座り、机の天板になるべくカラダを近づけてお座りいただくと、ご自身のカラダでカラダの揺れを防ぐことが可能です。その際、腰あての位置をきちんと設定することで、姿勢をより保ちやすくなり、且つ、パソコンや書き物の位置を調節することで前傾姿勢を抑制することが可能となります。
なお、どうしても気になる方は、あえて回転のしない完全固定タイプのスツールのご用意もございます。

自宅の床がフローリングなのですが、傷はつきませんか?

●オクトパスの場合
キャスターはウレタンで製ですので、プラスチックと比較してもキズが付きにくい材質にはなりますが、床素材との相性や椅子を強く引いたりすることでキズが付いてしまう可能性がございます。
対策として、キャスターの動きが滑らかに動きますので、床の上にマットを敷いてご使用いただくお客様もいらっしゃいます。

●ルナの場合
オプション品で合成ゴムでできた「キズ防止カバー」がございます。ルナの円盤に取り付けるだけですぐにご使用いただけます。

アーユル チェアーブランドのどのアイテムを選べばいいか分からない。

アーユルチェアーブランドでは、調節機能のあるオクトパス・ルナ以外に、同等の効果をご体感いただける座面シートタイプやスツールタイプのご用意がございます。ご用途に合わせてお選びくださいませ。

●オクトパス
(キャスタータイプ/対象身長150cm〜)¥46,000+税
アーユル チェアーブランドの基本モデル。キャスター付きで動きやすく、自宅でのパソコン作業や、オフィスにも最適。キャスターは別売りのストッパー付きに付け替えが可能。

●01(ゼロワン)モデル
(キャスター付/対象身長160cm〜)¥64,000円+税
最も座面を高く設定することができるため、特に180cm以上の身長の高い方には特におすすめです。脚部は高級感のあるアルミダイキャスト製。

●ルナ
(丸ベース/対象身長140cm〜)¥38,000円+税
脚部が固定タイプで安定感があるため、お子様の学習イスとしてだけでなく、ご年配の方にも最適。別売りの足置きリングを装着すると身長100cmの方からご使用が可能。

●アーユル スツール
(4本脚/S・Mサイズ)¥26,000円+税
インテリアに合うすっきりしたデザインと脚がコンパクトで省スペースでご利用いただけますので、ダイニングチェアーとして最適。また、完全固定式で安定感があり学校のイスとしても使われています。脚を取り外せば座面シートや座イスとしても使える3WAY式。

●アーユル メディカルシート
(座面シート) ¥16,000+税
お手持ちのイスに置いたり、床置きで座イスとしても使える2WAY式。
カラダのサイズを問わないため、ご家族一緒に1台でご利用可能。ご自宅のあらゆる場所に持ち運びも可能なので、利便性が高い商品。専用の脚を取り付けることで「アーユルスツール」としても利用可能。