アーユル チェアー成蹊大学導入レポート|腰痛予防・姿勢改善・集中力向上のアーユル チェアー

いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

HOME > アーユル チェアー導入レポート 成蹊大学



腰痛予防・改善、学習椅子のアーユル チェアー成蹊大学導入レポート

腰痛予防・改善、学習椅子のアーユル チェアー成蹊大学導入レポート

腰痛予防・改善、学習椅子のアーユル チェアー成蹊大学導入レポート

腰痛予防・改善、学習椅子のアーユル チェアー成蹊大学導入レポート
学生が自習にも打ち合わせにもフレキシブルに使える共有スペース。
多数の学生が使用する為、あえてMサイズのスツールタイプを選定。

腰痛予防・改善、学習椅子のアーユル チェアー成蹊大学導入レポート
改築したばかりの広々とした贅沢空間。隣を気にすることもなく集中が高まる。
腰痛予防・改善、学習椅子のアーユル チェアー成蹊大学導入レポート 腰痛予防・改善、学習椅子のアーユル チェアー成蹊大学導入レポート
机はシンプルで使い勝手の良い長机。
高さはスツールに合わせて72cmにこだわる。
自習できるスペースがなく困っていた。
自然と良い姿勢になり勉強が捗る。

「学生が集中して自習できる共有スペースを!!」
以前から、学校にはフリースペースが足りていないと感じていました。授業が終わると学生達があちこちにあふれ始める。だから自習にも打ち合わせにもフレキシブルに使える共有スペースを学生達に提供したいと常々考えていました。8号館の1階〜3階のテーマは「学生が集う場所」です。その中で1〜2階は「コミュニティ」に特化し、アーユル チェアーが導入された3階は「学び」に特化したスペースなんです。アーユル チェアーは私自身も愛用しており、このスペースにはコレしかない!!と、ピンと来て導入を決めました。学生達がより集中し短時間で学べる最高のスペースと感じてくれたら嬉しいです。
念願のアーユルチェアーがついに成蹊学園に!!
折しも日本人の身体特性にふさわしい形状を追求してデザインされたアーユル チェアーが「健康医療アワード2018」を受賞した翌週、成蹊大学に12脚納入されました。個人的に購入した2007年以来、研究室でも自宅でも日々腰掛けている超快適なアーユル チェアー。その受賞と納入が続き、二重の喜びです。 西洋人向けの椅子は日本人に適しているだろうか。日本人の骨格にマッチしたチェアーはどうあるべきか。株式会社トレインの長谷川社長とデザインメンバーたちが本質から説き起こし、既成概念にとらわれず造形して生み出したのがアーユル チェアーです。
座っている時間が特に長いとされる日本人が理想のチェアーを得ればきっと健康増進に好影響を与えるはず。 私自身、腰痛が解消し、自然といい姿勢で座り続けられるこのアーユル チェアーを学生たちの学習環境にも取り入れたい。その願いがついに叶えられました。成蹊学園の管財課によって学生たちの自習エリアに導入されたのです。健康と集中力の継続により、大学生の研究に一層磨きがかかることでしょう。素晴らしきアーユル チェアーの開発と販売に心から敬意と感謝を表します。どうもありがとうございます。 腰痛予防・改善、学習椅子のアーユル チェアー成蹊大学導入レポート
集中力が向上する学習椅子アーユル チェアー
集中力が向上する学習椅子アーユル チェアー
〒180-0001
東京都武蔵野市吉祥寺北町3丁目3-1
集中力が向上する学習椅子アーユル チェアー
アーユル チェアー導入レポート一覧はこちら