Amazon Pay・楽天ペイ 使えます

お電話でのご相談はこちら

tel0120-972-725

営業時間 平日10:00〜18:00

「深い呼吸で姿勢が整うイス」

「深い呼吸で姿勢が整うイス」

歓喜院 副住職

榊原正蔵氏

アーユル・チェアーを使うまでは、とくに姿勢を意識したり、腰痛を感じることはなかったのですが、ご紹介を受け、お寺での活用方法もあるのではと思い、座面シートタイプを使い始めました。

先日はじめて開催した「写経・瞑想会」では、座面シートタイプを使って瞑想を行いました。
阿字観という手法で行うのですが、姿勢を正し、呼吸を整えて意識を集中させ「阿字あるいは月輪の模様」を心に浮かべて瞑想を行います。
普段は座布団を使用していたのですが、それよりも、呼吸がしやすく、姿勢が整うことを、よく実感できました。参加者の全員の方がアーユル・チェアーの方が瞑想に入りやすかったというお声でしたね。

実は、吸って・吐くの1回の呼吸に1分の時間をかけるのですが、アーユル・チェアーの場合は呼吸がしやすいが故に、姿勢がしっかりと整えることができるのだと思います。
初心者の方にとっても、姿勢を保とうすることに無理に意識を向けなくても、アーユル・チェアーがサポートしてくれるので、より瞑想状態に入りやすいと思いますね。

お寺以外では、プライベート空間でも活躍してくれています。
カラダに取り付けて鍛えたりする機器や、わざわざ時間を作ってトレーニングするのとは違い、アーユル・チェアーは「座るだけ」なので、日常生活の中にとても取り入れやすいですよね。
気が抜けた状態や、気持ちがだらけていていたとしても、何か努力をする必要もなく、座るだけで姿勢が良くなるというのは、とても楽ですし。他の家族の姿勢が崩れている中でも、アーユル・チェアーに座っている人だけは姿勢が美しいという構図が、自宅でよくみられる光景ですね。

また、妻が5年ほど前から腰痛を抱えており、カラダがきついときには、整体・鍼に通ってメンテナンスをしてきていました。先生からは、姿勢を意識することが腰痛対策にもなるし、腹筋もついてお腹もひっこむよ!とアドバイスは受けていたようです。
そのため、日中は妻がアーユル・チェアーに座って仕事をするようになったのですが、無駄な力を必要とせずとも自然と腰が立つ感覚があるようで、自宅の椅子で感じていた肩コリや疲れ、腰の痛みが軽減したと感じていますよ。普通の椅子に座っていると、アーユル・チェアーに座りたい!と思うほどだそうです。

現在使っているアーユル・チェアーの「座面シートタイプ」は、椅子の上におけるので、自宅と事務所のいろんな椅子で使えますし、お寺では座イスとしても使える汎用性があるところが良いですね。
大人が使ってみて、これだけ姿勢が変わることを実感できるので、将来的には子どもの学習椅子としても、アーユル・チェアーを使わせてみたいなと思っています。

【歓喜院のご紹介】

真言宗智山派 歓喜院
埼玉県 川口市新堀247
048-285-4377
■写経・瞑想会のお申込みはこちら