アーユル チェアーの正しい座り方|腰痛予防・姿勢改善のアーユル チェアー

いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

HOME > アーユル チェアーの正しい座り方

アーユル チェアーの正しい座り方

人は睡眠時に「寝返り」をうつように、ひとつの態勢を維持するのではなく自然と身体を動かします。
座っている時にも同じように、足の位置などにちょっとした"変化"を加えて
意識的に身体を動かしてみてください。

脚を開く事に抵抗のある方や、股関節まわりが硬い方は、キャスター1間隔分の開き方でOK!股関節まわりの柔らかい方は、キャスター2間隔分までの開き方で、変えてみてください。

座面が低く坐骨周辺に違和感を抱く方や股関節症の方など、基本よりも高く座面を設定すると股関節まわりが解放され、より座りやすくなります。但し、太もも裏側が痛くなる時は調整を。

意識的に、またはステップを踏むように足の位置を変えることで、自然と血流を促進させるだけでなく、 筋肉がほぐされます。