専門家からの推薦|腰痛予防・姿勢改善のアーユル チェアー

いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

HOME > 専門家からの推薦

専門家からの推薦 アーユル チェアーは、各分野の専門家から
ご推薦いただいております。

伊藤大助
伊藤大助

「心地よく座れる腰痛対策イス 」
アーユル チェアーの構造は、座ると自然に腰椎に前弯のカーブが生じるので、自動的に正しい姿勢へと導きます。また、背中が丸まったり前かがみになるなどの姿勢の崩れを防ぐことができるため、腰への負担が軽減されます。
アーユル チェアーで正しい姿勢を身につけると、普通のイスに座った時にも身体が勝手に坐骨で座ろうとします。悪い姿勢で座り続けることによる腰痛対策としてもアーユル チェアーは効果的だと思います。
座ったときに背筋が伸びて「心地よさ」さえも感じられるイスは画期的な発明ともいえるでしょう。

青木晃
青木晃

「歩けるカラダづくりには姿勢の見直しを」
現代の生活習慣病・メタボリック症候群の方は、体重過多による膝の痛みだけでなく、お腹が大きいことで背骨の自然なカーブが崩れ、腰痛を引き起こすリスクが高くなります。
そして、何をするにも身体がきつく、身体を動かすことができなくなる悪循環となります。
アンチエイジングとは、こういった方々を「歩けるカラダ」に戻してあげることでもあります。 まずは身体のポジンションを本来あるべき姿に整えるために、アーユル チェアーで姿勢を矯正することが効果的だといえます。
歩ける身体であれば、運動を継続して行うことができ、健康な身体を維持していくことができます。
これが真のアンチエイジングであり、健康寿命を延ばすことに繋がります。
身体の基本である「姿勢」を、是非アーユル チェアーで見直してほしいと思います。

友広隆行
友広隆行

「座っている時間がムダにならないイス」
腰痛に悩む人にとって、整体やカイロに通ってマッサージケアを受けることも効果的ですが、何よりも自分自身でカラダを鍛える習慣を身につけること=「アクティブケア」が重要です。多くの方が習慣化することを面倒だと感じると思いますが、1日の多くの時間を過ごす「座る」という時間でアクティブケアができてしまえば、座りながらカラダを鍛えることができます。
実は“姿勢をただすこと”はアクティブケアのひとつにあげられる要素です。アーユル チェアーの坐骨座りは、骨盤を立てて背骨が理想的なS字を描く状態となり、腰痛・胸椎・頚椎のカーブが保たれ、腰痛対策に必要な筋肉を自然と鍛えている状態となります。
→続きを読む

美容整体トレーナー 波多野賢也氏
美容整体トレーナー 波多野賢也氏

「骨盤を理想的な状態に補正するイス」
人の体格は千差万別でも、実は骨格配列の正解はたったひとつしかありません。「座る」とき重要なことは、骨盤を立てて締める=坐骨座りの状態である事です。
アーユル チェアーは、誰が座っても、骨盤を理想的な角度と方向に補正する事ができ、長時間安定し、楽に座ることを可能にします。
骨格に基づいて綿密に設計されたアーユル チェアーに座る事で骨格を整え、健康や美容にも変化をもたらすことが期待できるイスだと思います。

高岡英夫氏 運動科学総合研究所 所長 ゆる体操考案者
高岡英夫氏 運動科学総合研究所 所長 ゆる体操考案者

「衰えた姿勢力を回復させる画期的な発明」
座面が2つに割れているだけで、お尻全体でベタッと座るのではなく、坐骨で座るという潜在意識が喚起されます。 座面が後傾かつ山型であるために、坐骨の内側に座面が触れ、坐骨の感覚をいやがおうでも感じることができます。 足を開いて上体を引き付けようとすると、腸腰筋が引っ張られ、自然と背骨を引っ張り、よい姿勢をつくることができます。
このようにアーユル チェアーは画期的な商品であり、今までの椅子とは全然違う考え方でつくられているのです。
→続きを読む

菅原道仁氏 日本健康教育振興協会 代表理事 四谷メディカルクリニック 院長
菅原道仁氏 日本健康教育振興協会 代表理事 四谷メディカルクリニック 院長

「健康状態をマイナスにしないためには、姿勢が重要」
姿勢の悪さは、頭痛、めまいなどの原因となるだけではありません。
姿勢の悪さが子どもたちの学力低下につながるという報告もあり、 大人だけではなく子どもたちにも姿勢を良くすることが大事なのです。
ですから、アーユル チェアーのように自然と姿勢が良くなる椅子を使用することは、 大人たちに有効なだけではなく、子どもたちの健やかな成長にも必要なのです。
→続きを読む

日本体育大学教授 体育科学博士 野井真吾氏
日本体育大学教授 体育科学博士 野井真吾氏

「現代の子どもに必要な(姿勢教育効果)のあるイス」
現代の子ども達の姿勢の崩れは、運動不足による筋力の低下や筋肉感覚の鈍化、テレビやゲーム、スマートフォンなどの神経刺激による睡眠の質の低下などが原因と考えられます。
さらに、子ども達が使用する机や椅子に対する意識の低さも問題だと思われます。カラダに合わないモノを使っていればどうやっても姿勢が保てなくなりますし、姿勢の悪さは集中力を低下させます。
教育現場の先生たちの意見をとってみても、授業中の子ども達の背中がぐにゃっとしてるだとか、腰痛や首・肩のコリを訴える子どもたちがいることが分かっています。

まずは、日中に太陽の光をしっかり浴びて運動をしたり、昼夜のメリハリをきちんとつけた生活を送る事がとても重要です。
その上で、周囲の大人にはアーユル チェアーのように自然と正しい姿勢が取れ、悪い姿勢と良い姿勢の違いを子ども自身が感じることができるような「姿勢教育的効果」があるものを、選んでもらいたいと 思います。こういった椅子が広まることで、子どもたちの姿勢を正すことが期待できると思います。

宮崎仁氏 宮崎歯科医院 院長
宮崎仁氏 宮崎歯科医院 院長

「成長期のお子様の健やかな身体づくりに」
食事中、勉強中など、身体を丸めた猫背の状態の子どもたちをよく目にします。
身体に負担のかかる姿勢では、本来子どもたちがもつ身体のポテンシャルを発揮できずに成長するだけでなく、上顎・下顎の発達を妨げる事となり、結果的に、その歪みによって「悪いかみ合わせ・歯並び」として症状が発症します。
小さい頃から、特に成長期のお子様にとって、アーユルチェアーのような姿勢を矯正する椅子に座り、正しい姿勢を身につける事により、良い「かみ合わせ」「歯並び」を形成する事を可能にしていくのです。

酒井孝子(Takko)氏 日本ピルビスワーク協会認定・マスターピルビスワーカー
酒井孝子(Takko)氏 日本ピルビスワーク協会認定・マスターピルビスワーカー

「座るほどに骨盤のゆがみがリセットされる」
人間の身体は、動きくせに左右差があり、"骨盤のゆがみ"と呼ばれるのは、骨盤周辺の筋肉の左右差の事です。
「骨盤」は身体の中心であり、人間の身体の要でもありますので、ゆがみは、姿勢の悪さ・体型の崩れ・集中力の欠如・痛みに繋がってくるのです。
何気ない生活の仕方で、毎日身体はゆがんでいきますので、"その日のゆがみは、その日のうちにリセットする事"が必要となります。
1日の中で必ずといって良い程、椅子に座る時間はあると思います。その椅子が、骨盤を立て、坐骨でしっかりと座る事のできるアーユルチェアーだと、身体が骨盤の正しい位置を理解し、意識付けを可能にします。アーユルチェアーに座るほど、ゆがみをリセットする回数が増えますので、姿勢や意識に変化が期待できると思います。

平山昌弘氏 Studio Pivot代表 フィジカルディレクター
平山昌弘氏 Studio Pivot代表 フィジカルディレクター

「(座の意識)を目覚めさせ本来あるべき姿に」
日本人の骨格を考慮した結果生まれた左右2つの座面は、 この「座の意識」=「座骨を意識する」ことができますので、本来のあるべき姿、正しい姿勢に自然となります。 その意味では、アーユル チェアーは日本人にとって始めて「家具」になり得た椅子だ、といえます。
→続きを読む

角田周治氏 プロゴルファー
角田周治氏 プロゴルファー

ゴルフで、スウィングを正しく機能するためには、セットアップ時の正しい姿勢、ポスチャーが重要です。主に日本人は生活習慣病なのか、骨盤が下向きでなく、上を向いており、正しい姿勢が作れません。アーユル チェアーに座ると、"この感覚か"と気付くと思います。
ゴルフにおいて正しい姿勢のメリットは、スイングの軸(ピポット)がしっかりする。股関節の上あたりに重心ができ、股関節がしっかりする。全て骨盤が関係しています。スイング前にセットアップするアドレス時のポスチャーに役立つのは間違いありません。
→続きを読む