Amazon Pay・楽天ペイ 使えます

お電話でのご相談はこちら

tel0120-972-725

営業時間 平日10:00〜18:00

「歩けるカラダづくりには姿勢の見直しを」

「歩けるカラダづくりには姿勢の見直しを」

元順天堂大学大学院 加齢制御医学講座 准教授
アンチエイジング/生活習慣病内科医
銀座よしえクリニック都立大院 院長

青木晃氏

現代の生活習慣病・メタボリック症候群の方は、体重過多による膝の痛みだけでなく、お腹が大きいことで背骨の自然なカーブが崩れ、腰痛を引き起こすリスクが高くなります。

そして、何をするにも身体がきつく、身体を動かすことができなくなる悪循環となります。

 

アンチエイジングとは、こういった方々を「歩けるカラダ」に戻してあげることでもあります。 まずは身体のポジンションを本来あるべき姿に整えるために、アーユル・チェアーで姿勢を矯正することが効果的だといえます。

歩ける身体であれば、運動を継続して行うことができ、健康な身体を維持していくことができます。
これが真のアンチエイジングであり、健康寿命を延ばすことに繋がります。

 

身体の基本である「姿勢」を、是非アーユル・チェアーで見直してほしいと思います。