アーユル・チェアーは、腰に悩みがある方に最適です|腰の悩み・姿勢サポートのアーユル・チェアー

いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

HOME > アーユル チェアーは腰に悩みがある方に最適です。



アーユル チェアーは腰に悩みがある方に最適です。
厚生労働省は、日本人の4人に1人が腰痛と発表。今や腰痛は日本の国民病となっています。
また、日本人は世界一座る時間が長いとも言われています。

平均8時間、1日の3分の1以上を椅子に座っている現代人にとって、腰に負担をかけない座り方をすることが非常に大切です。

※世界20カ国の成人を対象に、平均どれだけ座っているかを調査(Bauman et al,2011年)

人間の体重の60%は上半身にあり、 座るとそれが腰一点に集中してしまいます。
「座る」というのは楽なようでいて、実は立っている時の2倍もの負担が腰にかかります。

腰にとっては座ること自体が悪であり、悪い姿勢だと負担はさらに倍増します。
普通の椅子に座ると、どうしても骨盤が倒れやすくなります。すると椎間板や腰周りの筋肉に負担がかかり腰痛を引き起こします。

それに対し、アーユル・チェアーに座ると自然と骨盤が立ちます。それにより、身体にとって理想的な姿勢をサポートします。
アーユル・チェアーは、「坐骨」の二点で座ることによって自然と骨盤が立ち、さらに「腰あて」で支えることで負担が軽減。長時間座っても楽に良い姿勢をキープすることができます。
さらに、座面の前側が山型になっていますから、骨盤の前すべりを抑制。
自然と脚を開く状態となり、股関節を理想的な角度と方向へと導くのです。
「坐骨座り」で骨盤が立つと、背骨も理想的なS字型に整い、腰一点にかかっていた負担が分散。腰周辺の筋肉の緊張が緩和されます。
洗足成形・形成外科 院長 伊藤大助氏

洗足成形・形成外科 院長

伊藤 大助 氏

「心地よく座れる腰痛対策イス 」

アーユル・チェアーの構造は、座ると自然に腰椎に前弯のカーブが生じるので、自動的に正しい姿勢へと導きます。また、背中が丸まったり前かがみになるなどの姿勢の崩れを防ぐことができるため、腰への負担が軽減されます。
アーユル・チェアーで正しい姿勢を身につけると、普通のイスに座った時にも身体が勝手に坐骨で座ろうとします。悪い姿勢で座り続けることによる腰痛対策としてもアーユル・チェアーは効果的だと思います。 座ったときに背筋が伸びて「心地よさ」さえも感じられるイスは画期的な発明ともいえるでしょう。

歯科医/銀座トリニティデンタルクリニック院長

福島 一隆氏

「骨盤を立てる意識を教えてくれるイス」

約20年の歯科医としての経験から、自分に合った診療スタイルを模索していく中で、イスは最も重要な要素のひとつになっていました。やはり1日のほとんどの時間を過ごすクリニックでは、座って治療をしますから、まさに毎日が「座りっぱなしの状態」。慢性的な腰痛や首コリ、季節の変わり目にはギックリ腰が定番化していたほどでした。
その為、何個かイスを試したり、骨盤を立てる座面シートを使ってみたりと、なんとかやりすごしていたところ、友人から薦められてアーユル・チェアーを使い始めました。

続きを読む

フォトグラファー

大橋 愛氏

「ぎっくり腰にならなくなった」

ぎっくり腰がクセになってしまってから、いつも腰に不安要素を抱えていましたが、アーユル・チェアーに出会ってそれが解消されました。
アーユル・チェアーは自分のメンテナンスの一部…?"機材の一部"ですね!!
現在の世の中には、人を楽にさせてくれる道具が多くなってきていますよね。大きい椅子は体を楽にする椅子。でも、私はコンパクトで機能的なアーユル・チェアーのような椅子を探していたから!とにかくもっと色々な人に知ってもらいたい。そして良さを体感して欲しいと思います。

続きを読む

建築家/東京理科大学工学部第二部建築学科教授

坂牛 卓氏

「やっと理想のイスに出会えました。」

数年前にギックリ腰を経験してから体操をやったり、椅子を変えたりと、 できることは全てやってみよう!といろいろと試していました。
ゼミでは7-9時間は座りっぱなしだったり、原稿を書いたり翻訳の仕事もしているので、集中力が持続できる椅子はないかと探しているときにインターネットでアーユル・チェアーを知り、その日のうちにショールームに行きました。
ショールームでも言われていた、とにかくお尻を深くいれて座る!
これを意識して座る事で、簡単に良い姿勢が保てますし、椅子から立ち上がったときに明らかに腰が楽なのが分かります。

続きを読む