Amazon Pay・楽天ペイ 使えます

お電話でのご相談はこちら

tel0120-972-725

営業時間 平日10:00〜18:00

使い方いろいろ!テレワークの腰痛対策

カテゴリー:スペシャルコンテンツ

企業が続々とテレワークを推進し、リビングやダイニングで仕事をする方が増えています。 それに伴って、腰痛を発症する方が激増しています。
ソファーや食卓のイス、床座りなどでのPC作業は、 あっという間に腰痛を引き起こしてしまうのです。

アーユル・チェアーは、テレワークに最適です。

なぜ腰痛になるの?

腰痛の大きな原因は、骨盤が倒れた状態で座ることによる腰への負担。
体重の6割を占める上半身の重みが腰一点に集中してしまいます。

使う場所に合わせて選べるラインナップ

デスクで使うなら

座面や腰あての高さが調節可能で、高いフィット感が得られます。
キャスタータイプ、丸ベースタイプからお選びいただけます。

ダイニングで使うなら

ダイニングテーブルにも合うすっきりしたデザインのスツールタイプや、
お手持ちのイスにのせて使えるシートタイプがおすすめです。

床座りで使うなら

座イスタイプや、少し高さを出しヒザがラクなあぐら用タイプがおすすめです。

まずは無料で、10日間ご自宅でお試しできます!

原宿直営店でもお試し・ご購入できます!

愛用者様の声

テレワークに切り替わり、自宅のローテーブルで床に座ってパソコン作業をしていました。 すると3日目には首や背中、特に腰の痛みがひどくなり、仕事になかなか集中できず、急遽、座イスタイプを購入。 床座りだと猫背になりがちですが、姿勢も楽に維持できて、腰のサポート力が抜群です。 テレワークになってから、会社にいるとき以上に座る時間が増えていますし、今後もしばらくテレワークが続くので、早めにアーユル・チェアーを導入して正解でした。

1か月以上テレワークが続いており、自宅で仕事をしていますが、ほぼ1日中座りっぱなしの生活です。 ダイニングで仕事をしているのですが、椅子の座面が柔らかすぎるのか、すぐに姿勢が崩れ、気づくとカラダはバキバキに… 早々にイス探しをして、アーユル・チェアーのキャスタータイプを購入しました。 高さの調節もできますし、腰あてのサポートが心地よく、仕事にも集中しやすくなりましたね。 テレワークによって、通勤で電車に乗ったり歩くことも減ったので、カラダが鈍ってしまうのですが、アーユル・チェアーだと姿勢を保つのにほどよく体幹を鍛えてくれますから、トレーニング効果も期待できると思いますよ。 テレワークに切り替わる方々には、何より自宅のイスを見直すことをおすすめしたいです。

完全にリモートワークになってからというもの、これまでにも悩まされていた腰痛が悪化。 同じくリモートワークに切り替わっている家族からは、とにかく姿勢の悪さを指摘されていたので、書斎のイスに置いて使える座面シートタイプを使ってみることにしました。 思っていた以上に背筋がまっすぐになりますし、何より腰の痛みが軽減したことがうれしいことですね。 会社で仕事をするよりも、リモートワークでは座る時間が増えていますし、簡単に整体やマッサージにも行けない状況です。 腰痛のせいで痛みが気になって、仕事が捗らないと、生産性も低下してしまうので、リモートワークに切り替わる腰痛持ちの人にとって、椅子探しが何よりも重要だと思いますよ。

SHARE